扁桃炎になった場合、慢性化する前なら薬を服用して治すのが一般的です。ところで扁桃炎に効く薬とはどういったものなのか?薬なしでも治すことはできるのか?扁桃炎の初期症状も知って、悪化する前に治しましょう。

扁桃炎が腫れてひどくなる前にお薬を!

扁桃炎(扁桃腺炎)に効く薬ってどんなもの?

このエントリーをはてなブックマークに追加

クラビットの画像扁桃炎になってしまった場合、最初はのどが痒い、イガイガするという風邪のような軽いものです。
初期の段階ではこの程度ですが、仕事が忙しくそれどころではないと、病院へ行ったり、市販薬の喉スプレーなど、何の対処もしていないと、どんどんと症状は悪化していきます。
ついには、しゃべることすら出来ないほど扁桃炎がパンパンに膨れ上がり、とても苦しい状態になります。
こうしたことから、夜は眠れない、あまりの喉の痛さ、激痛に扁桃炎のことばかりを気にしてしまうほど、酷い状態になると不眠症の原因にもなります。
そして、ここまで慢性化すると市販の薬などでは手の打ちようがないほど悪化している状態と言えます。
医師に診てもらうと分かりますが、普段は落ち着いた状態であるものが、恐ろしいほどに膨れ上がっていて、とても辛いものです。
そしてそれと同時に、ツバを飲み込むことさえ困難になってきます。
こうなると病院へ行って薬をもらうことになると思いますが、抗生物質は喉の奥にいる扁桃炎に巣くっているバイ菌を殺すために使われる薬です。
抗生物質はかなり強い作用をもたらしてくれるため、次第にバイ菌が抹殺されることによって、辛い症状は治っていきます。
扁桃炎に効果的な抗生物質の種類はさまざまで、この薬だけが効く!ということはありません。
しかし、薬の効き目には個人差もある為、自分に最適な薬を選ぶことが重要といえるでしょう。人によっては、抗生物質のアレルギーを持っている方もます。
そのような方の場合には、身体にぶつぶつが出来てしまう、などの関係から、漢方などが使われるケースもあるとされています。
多くの人の場合このような扁桃炎になってしまった時は抗生物質でバイ菌を殺すことで扁桃腺の症状を治すことが出来ます。
また、女性で体が弱い方は、性交渉に関係なく、カンジダになってしまうこともあるため、病院によってはカンジダに効く薬も処方してくれます。

扁桃炎は薬なしでも治せる?

扁桃炎は一般的には抗生剤などの内服薬を使用して治療していきますが、なかなか病院に行く時間が無いという場合には、そのまま放置することで自然治癒することもあります。
喉の不快感をいち早く解消したいのであれば、市販の消毒薬などを使用してうがいをする、安静にする、喉を乾燥させないようにする、バランスのとれた食事を心掛けるという事をするだけでも十分に効果を感じることが出来ます。
食事療法で治療特に、室内や喉が乾燥してしまうと、ウイルスが繁殖しやすい状態になってしまいますので、加湿器などを使用して乾燥対策をするようにしましょう。
症状が初期であれば、抗菌作用の期待することが出来る蜂蜜を摂取したり、喉に負担をかけないような食べ物を食べる事で病院に行かなくても症状が改善されることがあります。
痛みや違和感がなくなる、軽減されるまでの期間については、症状の出方や体力などの違いにより異なりますが、2~3日程度で症状が気にならなくなることもあります。

ただし、症状がなかなか改善されない、悪化しているように感じるという場合は病院を受診するようにしましょう。
かかりつけ医がいるという場合には、まずはそこに相談しても良いですが、そうでない場合には耳鼻咽喉科を受診するようにしましょう。
早めに受診することにより、早期治療・早期回復を見込むことが出来ます。
なお、一見すると扁桃炎の症状に見えても、実は隠れた病気があるという可能性もあります。そのため、症状がいつまでも治まらないという場合には、自己判断はやめましょう。
普段から乾燥対策をしたり、免疫力が低下しないような食生活や生活習慣を身に付けるようにすることが予防のためには大切です。
特に乾燥する季節はマスクや部屋の湿度を保つなど気をつけるようにしましょう。

× 扁桃炎に効く薬はこちら! 扁桃炎に効く薬はこちら!