扁桃炎って人にうつることはあるの?空気感染?キスや飲み物の回し飲みは?気になるその疑問、ここではっきりお答えしましょう。扁桃炎になりやすい方も必見!わかりやすく説明いたします。

扁桃炎が腫れてひどくなる前にお薬を!

扁桃炎(扁桃腺炎)は人にうつるの?

感染経路図イメージ喉がとても痛いと感じた時に、まず疑うのが風邪ですよね。
栄養と睡眠をしっかりとればいずれ治ると放っておいてしまう人も多いかもしれませんが、時間が経っても喉の痛みは治まらず、それどころか発熱までしてしまうことがあります。
それはもしかしたら、扁桃炎にかかってしまっているかもしれません。
初期症状が風邪と似ていることもあって見落としがちですが、唾を飲み込むことすら痛くなる場合は急性扁桃炎の可能性があります。
扁桃炎は、扁桃上の常在菌が増殖したり、ウイルスの感染によって引き起こされてしまう炎症のことを言います。
ここで気になるのが、菌が原因なら、扁桃炎は人にうつるのか、と思われる人もいるでしょう。
安心してください、基本的に扁桃炎は人にうつることはありません
常在菌とは常に私たちの体の中に存在している菌のことを言うので通常では症状が出ることもありません。
しかし、免疫力が落ちている時などには悪さをしてしまうことが少なくないのです。
常在菌には、溶連菌やブドウ球菌、肺炎球菌などがあり、溶連菌感染症の場合は合併症を発症することもあります。
扁桃炎の初期症状は溶連菌感染症や風邪などの症状と間違いやすいので注意が必要です。
症状が進行してくると、高熱が出たり、頭痛、倦怠感、耳の痛みやひどい場合には中耳炎になってしまうこともあります。
このような明らかに風邪とは違う症状が続いた場合は早めに病院へ行きましょう。
急性扁桃炎の場合、抗生物質を服用で治すことがほとんどです。
ただこの時に注意したいのが、症状が軽くなったからといって抗生物質の服薬をやめてしまうことです。
途中でやめてしまうと体の中に菌が残ったまま、また再発してしまう可能性があります。
処方された薬は必ず最後まで飲み切るようにしましょう。

扁桃炎はキスや回し飲みでうつることはあるのか?

扁桃炎はキスや回し飲みでうつると思っている人が多いようですが、基本的にうつることはありません。
キス寸前のカップル扁桃炎は扁桃に溜まった菌が増殖し、そこで炎症を起こします。
しかし、どの菌やウイルスによって扁桃炎が引き起こされてしまったかが重要で、扁桃腺の炎症を起こすかどうかは別として、菌やウイルスに感染してしまうことはあるでしょう。
例えば、インフルエンザウイルスが原因だった場合、キスの相手が免疫力が弱っているとインフルエンザに感染してしまうことはあるということです。
ただし、その相手が扁桃腺に炎症を起こすかどうかは別問題なのです。

しかし、風邪の症状が出ている人とキスや回し飲みをするというのはリスクが高いことに変わりはありませんので、なるべく避けるようにしましょう。
相手の免疫力が低下している場合は、菌やウイルスに感染してしまい、症状が出る場合もありますので、相手のことを考えるならやめておくのが賢明です。
体調に問題がない相手とした場合は、症状を発症することなく過ごすこともできますが、その後どうなるかはわからない為、調子を崩している時には極力接触しない方が相手の為にも良いでしょう。
喉が痛い時や発熱している際は、どんな状況であれなるべく人と接触しないようにすることはマナーの一つです。
どうしても接触しなくてはいけない場合は、マスクをすることも有効で、喉の保湿にもなり人に不快な思いをさせずに済むでしょう。
関わり合う相手が、今調子が良いのか悪いのかは見ただけではわかりませんので、後からうつされたなどと誤解されないようにこちら側が気をつけておくことも必要です。
ウイルスが活発になる季節には、予防の意味でもマスクは有効ですので、日頃から意識することも大切です。

扁桃炎は免疫力が低下するとかかりやすくなる?

扁桃腺炎は、免疫力が低下している時に菌が活発になるため症状が出やすくなります
これはウイルスによる感染も同様です。その為、日頃から免疫力をアップしておくことで、これらを防ぐことができます。
菌やウイルスがたくさんいる人混みなどに行っても、風邪を引く人と引かない人がいますよね。
これは免疫の力の差によって分かれてしまいます。免疫が下がっている時にはどうしてもうつりやすくなるのです。

扁桃腺炎の原因は菌やウイルスですが、ウイルス(インフルエンザウイルスを除く)は体内から排出する以外効果のある薬物はなく、回復に時間がかかってしまいます。
扁桃腺炎を繰り返すと、扁桃腺自体を切除しなくてはいけない場合もある為、そのような状態を招かないように日頃から免疫力をアップしておきましょう。
免疫力が高く扁桃炎にかかりにくい男性免疫力をアップするの特別なことは必要としません。日頃から栄養バランスの良い食事と睡眠、ストレスを溜めないことを意識的にするだけで良いのです。
健康な生活をしている人はこの当たり前の日常を過ごしている人が多く、特に何かをする必要はありません。
忙しい世代の方はこの当たり前の日常を維持することが難しいということもあり、免疫力を下げてしまう状況が多々あるでしょう。

扁桃腺炎の場合、免疫がしっかり働いている時には菌やウイルスにも負けず症状も出にくいのですが、少しでも免疫力が低下していると症状も出る可能性も上がります。
特に、喉が乾燥しやすい冬場にはウイルスの活動も活発になる為、より注意が必要です。
日頃から、うがい・手洗いを意識し、インフルエンザや風邪が流行る季節にはマスクを着用するなどして、喉を乾燥させないように注意してください。

注目記事をピックアップ

  • クラビットは通販での購入がお得

    扁桃炎に効くクラビットの錠剤

    人の健康を脅かす存在として、細菌やウイルスといったものがあります。感染してしまうと様々な病気を発症しますが、病院で処方される治療薬を用いることで細菌やウイルスをやっつけることが可能です。抗菌薬として有名なクラビットはよく効くため、世界中の医療機関でも取り扱われています。

  • 扁桃炎がなかなか治らない?

    扁桃炎が治らなくて辛そうな男性

    人によっては頻繁に扁桃腺が腫れてしまうことが多く、なかなか治らないと困っている方も少なくありません。 扁桃炎に一度なってしまうと長引くことが多いので早めに病院に行きましょう。病院に行く際はなるべく内科ではなく耳鼻咽喉科を選びましょう。基本的には抗生物質を処方してくれるでしょう。

  • 扁桃炎は予防できる?

    扁桃炎で薬を飲む前に予防する方法とは

    過度なストレスや疲労がたまったり、風邪で抵抗力が落ちていることで扁桃腺に付いている病原菌が増殖して炎症を引き起こします。 扁桃腺が腫れると辛い症状が起こってしまいますので、一度でもかかった経験がある方は慢性化させないために普段から予防できることは徹底して行うようにしましょう。

× 扁桃炎に効く薬はこちら! 扁桃炎に効く薬はこちら!